2008年08月05日

東京下町殺人暮色

ずっと読んでみたかったけど
なかなか読まずにいた宮部みゆきさんの本を読みました。
面白いよ〜という評判は聞いていたものの
"ブレイブストーリー"など分厚くて上下巻だし…と
なかなか手が出ずにいたんです。

なのでとりあえずとっかかりに…と
短めのお話を選んで読んでみました。

今回読んだのは「東京下町殺人暮色」
東京下町殺人暮色 (光文社文庫)東京下町殺人暮色 (光文社文庫)
宮部 みゆき

by G-Tools


文体も読みやすく"あっ"という間に読み終わりました。
好きな作家さんの1人になりそうです。

登場人物は馴染みやすい、というか
物語に入りやすい感じで1人ずつの個性は楽しいし。

話の進み方(推理の進み方)も違和感なく楽しめるし。

読みながら深読みしたりせずに
ああ、なるほどね。な感覚で読んでいけて楽しかったです。

ひとつ欲を言うのなら
主題をもっと深く掘り下げてあってもよかったかもしれないなぁと思いました。

事件終盤までのドキドキ感とオチのバランスが
ちょっと勿体無いようにも思えました。

《キャラが生きてる推理小説》って感じでしょうか?




ブログランキング ランキングに参加しています(・・*)
          よかったらポチっと、よろしくお願いしますm(_ _)m

posted by おかあちゃん at 19:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | エンターテイメント♪:小説
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/104239491
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。