2011年01月05日

とっても不幸な幸運

タイトルがひねくれてるように感じて読む気がしました(^^;
そう、わたしがひねくれてるので(^^;;

好きでした!これ。
畑中恵さん、始めて読みましたが
他の本も読んでみたいと思いました。

何が好きだったのかな〜。
一番は登場人物たちが好きだったんだと思います。
読みながらマスターは誰がいいかな?
先生は?刑事さんは?マジシャンは?
…なんて想像しながら読んでいました。

とっても不幸な幸運 (双葉文庫 は 18-1)
畠中 恵
4575511870


読み終えた後の解説を読んだら解説の方も
同じようにどの人を誰が演じたら面白いか?
みたいなことを考えながら読んでいたそうで…。
配役はわたしとは違いましたが、それも面白そうかな、と。

ただ、旦那さんにも面白かったから読んで、と渡したら
旦那さん的にはイマイチだったそうで…。
何故なら『面白い』と言われて読んだので
謎解きの部分でもっと面白いのかと思ったそうです。

そう言われて初めて
そっか…わたしが面白いと思ったのはソコじゃなかったんだ!と気が付きました。
(遅すぎだけど―)

一話ずつ完結で
一話ずつ主役が違って
それぞれの人たちの抱えてるものが出てきて
決して明るい物語ではないのだけど
それらを消化して前に進むしかない!…といったものを感じて
それが面白かったのかなぁ〜と思っています。

けど一番はこの一言に尽きるかな?

この酒場に行ってみたい!<



ブログランキング ランキングに参加しています(・・*)
          よかったらポチっと、よろしくお願いしますm(_ _)m

posted by おかあちゃん at 11:13 | Comment(0) | TrackBack(1) | エンターテイメント♪:小説
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/185491973

栃木県 - 直あど交換所
Excerpt: 地域別お相手検索機能で直あど交換!
Weblog: 栃木県 - 直あど交換所
Tracked: 2014-05-10 13:18
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。