2011年11月30日

追伸

タイトルからのイメージは"どんよりしちゃう?"
読み始めてみると内容はタイトル通りで
手紙のやりとりが続くというものでした。

どこまで?と思いながら読み進みましたが
なんと(と言うほどのものではないでしょうが)最後まで!

そしてやはりタイトル通り追伸が多い手紙です。

追伸 (文春文庫)
真保 裕一
4167131145

いきなり離婚を手紙で言い出す奥さん。
ビックリです。
はっきり言って奥さんにイラッとします。

それに返す旦那さんの手紙。
優しい。
もっとガツンと言ってもいいのでは?
ちょっとイラッとします。

何故そんなことを言い出したのか
じわじわと分かっていきます。

内容としては面白かったと思います。

でももう一度と手には取らないかな。

多分どんな本?と聞かれても
夫婦の手紙のやりとり、って答えてしまうかも。

ちょっと感想が簡単すぎ、意地悪すぎましたね。

この方の別の本も読んでみたら感想も少し変わるのかな…。
とりあえず現在はこんな感想でした。

追伸 (文春文庫)








ブログランキング ランキングに参加しています(・・*)
          よかったらポチっと、よろしくお願いしますm(_ _)m

posted by おかあちゃん at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | エンターテイメント♪:小説
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/276402889
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。